初心者もインストラクターを目指す人も!これを見ればピラティスの知識が分かる!

当サイトは初心者からインストラクターを目指す人まで、役立つピラティスの情報ご紹介しています。
これを見ればインナーマッスルを強化するエクササイズの知識が分かるでしょう。
この運動をするときには、どのようなウェアで行うのが良いのかという基本的なことも解説しています。
快適にエクササイズをするために役立つはずです。
さらに資格を取るにはどうすれば良いのか、ということにも触れています。
いずれはインストラクターになりたい場合に参考になります。

初心者もインストラクターを目指す人も!これを見ればピラティスの知識が分かる!

初心者からピラティスを始めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
ピラティスは体幹を鍛える効果のあるエクササイズで、体のバランスを整え姿勢が良くなることが期待できます。
筋肉づくりをしたい人に向いているエクササイズです。
ピラティスのインストラクターになるには資格を取得するのが近道です。
様々な団体による民間資格があり、それらのインストラクター資格を保持していると生徒を集める際のアピールに役立ちます。

ピラティスの定義は何?ヨガとの違いは?

ピラティスとヨガは共に軽い負荷を与えながら、筋肉量を増やす目的ではなく、身体を芯から変えるという点では似ています。
両者の違いは、ヨガがポーズを取ることで精神の安定をはかり心身のバランスを保つことを目的としているのに対して、ピラティスは体幹を鍛え、筋肉を無理なく鍛えることを目的としています。
そのため、身体を引き締めダイエットの為に行うならピラティスがおすすめです。
代謝を良くすることで、痩せやすい体づくりができます。
ピラティスは週1からはじめ、徐々に週2~3くらいのペースで行うことが望ましいです。
すぐに効果が出るわけではありませんが、一般的には3ヶ月ほどでその効果を実感出来るとされています。
それは、体の細胞がそのくらいの期間で入れ替わるためです。
7~8ヶ月ほどで周囲からわかる程度に変化が見込めます。
動きがゆっくりなので、身体の奥の効く箇所を意識しながら行うことで、さらなる効果アップが望めます。

ピラティスは体力のない人でもできるのか?

激しい運動をすることやアスリート並みの筋トレを強いられるとき、かなりの力がなければすぐにギブアップしてしまいます。
しかしピラティスはハードなトレーニングを求められることがなく、体力のない人でもできるのもメリットです。
大きな負担を体にかけないのがピラティス、動きは激しくなく緩やかなのでダメージがありません。
それはもともとスポーツとして誕生をしたわけではなく、発端はリハビリからだったためです。
健康を取り戻すために行われるリハビリは、決して激しい運動で行うものではありません。
リハビリ生まれだからこそ、体力がない人であろうとも無理なく始めることができます。
むしろ力を大して必要としませんから、年齢や性別なども関係なくできますし、本来の健やかなコンディションに導いてくれるエクササイズです。
1回で完璧ではなく継続的に行うことで、人間が持つ本来の健康機能は、緩やかに回復をしていきます。
身体の機能回復だけではなく、健康キープもセットです。

ピラティスをすることで得られるメリット

ピラティスはドイツ人のジョセフ・ピラティスが考案したエクササイズで、マットの上やマシンでインナーマッスルや体幹を整えることを目的としています。
ピラティスを行うことで、どのようなメリットがあるのかまとめていきたいと思います。
①「姿勢改善」下腹部には骨盤底筋というインナーマッスルがあり、そこを鍛えると内臓が支えられて正しい姿勢をとりやすくなります。
②「肩こり・腰痛の改善」インナーマッスルを鍛えることで姿勢が整うと血流の流れが良くなり、自然と筋肉の凝りが解消され肩こり・腰痛が緩和されます。
③「ダイエット効果」姿勢が改善されるとエネルギー代謝が上り、脂肪燃焼をしやすい・痩せやすい体になります。
④「呼吸が深くなる」肋骨を思いっきり開いたり閉じたりする胸式呼吸を行う事で、体に酸素が十分に行き渡り栄養が全身に運ばれ、自律神経が整います。
⑤「集中力を高める」胸式呼吸をしながら体を動かすと交感神経の活動が優位になり、集中力が高まる効果が期待できます。
このように、沢山のメリットがある素晴らしいエクササイズです。

ピラティスは女性磨きにもつながるってほんと?

ピラティスは元々、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリのために考案されたエクササイズです。
近年では、インナーマッスルを鍛えることができるため、アスリートや妊婦など幅広い人が行っています。
ピラティスは様々な人に効果的な運動ですが、女性にもおすすめのエクササイズとなっています。
インナーマッスルを強化できる上、正しい姿勢を作ることができます。
姿勢が綺麗になればバストラインを綺麗に見せることができ、腹横筋が鍛えられてくびれをはっきりさせることが可能です。
関節の可動域を上げる効果もあるとされているため、継続して行うことで柔軟性を高められます。
女性らしいしなやかなボディを作ることにつながります。
ほかにも、むくみや冷えを改善して、骨盤の歪みを改善することで生理痛の緩和などにも役立ちます。
血流の改善や胸式呼吸による内臓の細胞の活性化などの効果があることによって、脂肪燃焼しやすい体を作りダイエットもなります。